2021年4月時点の米国株ポートフォリオ

資産運用

今日の記事は米国株のポートフォリオの観測記事です。

米国株は相変わらずの好調ぶりで、ダウやS&P500も頻繁に最高値を更新していますね。

そんな好調な相場環境のおかげか、私のポートフォリオも好調な一か月でした。

この記事のトピックです。

  • 今月はアップルを新規購入(少額)
  • 今月は、アマゾン、マイクロソフトが好調に推移(+10%)
  • 日常的に使う製品、サービスの会社の株を持つと楽しい

■ 今月(2021年4月)の米国株ポートフォリオ

早速ですが、まずは、各銘柄の割合を円グラフで確認します。

先月からの変化点は、アップルが追加されました。

とは言っても、全体の1%で、株数は5株だけの購入しました。

調整気味でしたところを割とうまく拾えたかなと思います。

アップルは比較的短期で保有する予定です。株価がある程度上がったら売却する予定です。

ポートフォリオの少し遊び的なポジションです。

■ 先月(2021年3月)との比較

先月の株価と比較して、各銘柄の増減率を確認します。

コード株数株価評価額株価増減率
(対先月)
APPL5134.07670
AMZN23397679410.08%
MSFT61260.71590310.58%
V44226.2899560.79%
VTI28217.2460834.57%
VYM69103.5571452.46%
VDC30182.3554714.96%

全体的に好調でした。

まず、米国市場全体に連動するVTIは直近一か月間で、およそ5%の上昇でした。

これを基準に全体の傾向を見ると、高配当ETFのVYMが約2.5%で全体より低いリターンでした。

高配当系は少し苦戦した一か月だったことがわかりますね。

先月は高配当系が好調でしたので、その反動とも見ることができます。

アマゾン、マイクロソフトはかなり好調でしたね。いずれも10%を超えるリターンでした。

長期金利の動きも落ち着いてきたので、再びハイテク系に資金が流れたのかもしれません。

アマゾンは4月に入ってからは株価が上昇傾向に転じました。

マイクロソフトは、上昇傾向が続いていますが、4月に入ってからより一層勢いがついてきた感じです。

■ マイクロソフトなどの日常的に使う製品、サービスの会社の株は持つと楽しい

マイクロソフトは含み益もかなり乗っており、この記事を書いている時点で80%ほどの含み益になっています。

この好調さはいつまで続くかはわかりませんが、マイクロソフトは長期で保有したい銘柄のひとつですね。

今後もマイクロソフトの製品を使い続ける世の中だと思いますし、仕事でももちろん使います。

特に最近ではマイクロソフトのteamsを仕事でも良く使うようになり、コロナの在宅勤務や、会議の制限などもあり、teamsはなくてはならない存在になっています。

ここ一年くらいで一気に普及したイメージです。

アマゾンやマイクロソフトといった生活に密着した製品、サービスを取り扱う会社の株を持つというのは、その銘柄に対しても愛着が沸きますし、株主の実感も大きいのがメリットですね。

日常が少し楽しくなります。

ETFでは味わえない感覚です。個別銘柄の持つメリットのひとつですね。大事にしたい感覚です。

■ まとめ

今月の米国株ポートフォリオについて確認をしました。

全体的に好調な一か月でした。その中でもアマゾン、マイクロソフトの好調さが光りました。

日常的に利用する製品、サービスの会社の株は持っていると楽しいですね。

・・・株価が好調であれば(笑)

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました