投資信託比べてみた

資産運用
スポンサーリンク

私が個人的に好きな5つのファンドについて比較してみました。比較項目は、①リターン、②リスク、③シャープレシオ(リターン/リスク)の3つで各ファンドの良し悪しを比べてみました。

比較するのは次の5つのファンドです。

  • 天VTI
  • ニッセイ外国株インデックスF
  • セゾン資産形成の達人ファンド
  • セゾン バンガード・グローバルバランスF
  • ひふみワールド

今回引用するデータは、Yahoo!ファイナンスとモーニングスターのデータを使用しています。なおデータは2022年1月10日現在のものです。

スポンサーリンク

各ファンドのリターン比較

まずは、最初にリターンの比較をします。

各ファンドの直近1年間の標準価格の推移をグラフで確認したいと思います。

それぞれ以下のように色分けしております。(グラフはYahoo!ファイナンスで作成)

青線:楽天VTI
ピンク線:ニッセイ外国株インデックスF
緑線:セゾン資産形成の達人ファンド
黄線:セゾン バンガード・グローバルバランスF
紫線:ひふみワールド

5つのファンドの直近1年間の標準価格の推移(2022年1月10日現在)

各ファンドの値動きのイメージを大まかにつかんでいただけたらと思います。

それでは、各ファンドのリターンについて一覧表にしてみました。(データはモーニングスターHPより引用)

1年3年(年率)5年(年率)10年(年率)
楽天VTI40.90%27.30%
ニッセイ外国株式インデックスF38.23%24.76%15.41%
セゾン資産形成の達人F24.08%21.04%14.46%17.91%
セゾン バンガード・グローバルバランスF17.72%12.97%8.07%10.53%
ひふみワールド28.16%

楽天VTIが強いですね。ここ数年のアメリカ株式市場の強さは目を見張るものがありました。

それにつられて、外国株インデックスも強い傾向が見えます。

一方で、アクティブファンドのセゾン資産形成の達人ファンドとひふみワールドは、インデックスファンドについて行けてないですね。

やはり、アクティブファンドはインデックスファンドには勝てないのでしょうか。

各ファンドのリスク比較

次に各ファンドのリスク(値動きの大きさ)について確認します。

いくら大きなリターンを出していても、それに見合う以上のリスクがあっては意味がありません。

各ファンドの値動きの大きさを確認します。数値が小さいほど、リスク(値動き)が小さく優秀ということになります。

1年3年(年率)5年(年率)10年(年率)
楽天VTI8.8817.49
ニッセイ外国株式インデックスF9.4517.6016.06
セゾン資産形成の達人F7.3116.7915.6416.15
セゾン バンガード・グローバルバランスF4.849.138.7710.44
ひふみワールド9.50

ここでは、セゾン資産形成の達人ファンドがリスクが小さいことがわかります。リスクは小さく、それなりにリターンを狙えるファンドという特色が見えてきます。

債券が半分組み込まれているセゾンバンガードグローバルファンドも当然ですが、リスクは抑えられていますね。

ひふみワールドは、楽天VTIよりもリターンが低いわりにリスクも大きくなっています。

直近1年間のデータのみですが、ひふみワールドにとってはイマイチなデータとなっています。

各ファンドのシャープレシオ(リターン/リスク)比較

次に、シャープレシオレシオの比較です。

シャープレシオレシオは、リターンとリスクの比率で、数値が大きいほど、より小さいリスクでより大きなリターンを出していることを意味します。

つまり、このシャープレシオが大きいファンドは優秀ということになります。

1年3年(年率)5年(年率)10年(年率)
楽天VTI4.611.56
ニッセイ外国株式インデックスF4.041.410.96
セゾン資産形成の達人F3.291.250.931.11
セゾン バンガード・グローバルバランスF3.661.420.921.01
ひふみワールド2.96

ここでも楽天VTIは強いです。リスクはそこまで低くないのですが、リスクに見合う以上のリターンをだしていることになります。

意外とセゾンバンガードグローバルファンドは、シャープレシオでは優秀ですね。債券による分散投資の効果が表れていますね。

外国株式インデックスファンドも長期にわたって優秀な成績をおさめています。米国株に引っ張られる形で数字を伸ばしていますね。

まとめ

お気に入りの5つのファンドについて、その成績を比較してみました。

それぞれ特色のある結果となりましたが、楽天VTIの強さが際立つものとなりました。やはり米国強し!といったところでしょうか。

それ以外のファンドも優秀なファンドばかりでした。特にセゾン投信は健闘していますね。長期で人気があるのも頷けます。

それぞれのファンドの特徴について、個人的な見解をまとめてみました。ひふみワールドはまだ歴史の浅いファンドで、この1年だけでの判断となります。今後に期待です。

リターンリスク特色
楽天VTI米国の強さがけん引する大きなリターン
外国株式インデックスF米国の強さと先進国との分散のバランスが魅力
セゾン資産形成の達人F長期で安定したリターンと低リスクが魅力的
セゾン バンガードグローバルF債券と株式の分散により安定したリターンと低リスク
ひふみワールドリターンは期待できる。相場環境の変化へ柔軟に対応する

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました