最近の売買履歴の記録(2021年8月8日)

資産運用

今日はオリンピックの閉会式ですね。

コロナもあり、開催にあたりいろいろな困難がありましたが、始まってしまえば楽しく観戦することができました。

あっという間の2週間でした。選手の皆様は本当に大変だったと思います。

さて、今日は直近の売買の記録を残すための記事です。

ほぼ自分の上達のための記事です。今回は反省の意味が大きいですね。

少しでもご参考になれば幸いです。

日本株の売買記録

早速、メインの楽天証券の取引履歴です。

最近は本当にムダな売買をしてしましました。反省です。

要約するとこんな感じの売買でした。

【最近の売買履歴まとめ】

・ナフコはポジション減。ほとんど恩株状態。

・ミダックは、思い切って買う→即損切り。また買い→即損切りで結局保有せずに終わる。

・KeePerは損切り設定に引っ掛かり売却→でもやっぱり持っていたいので買戻し

・オイシックスが気になり購入

損切りは逆指値設定しておくのが気分的にも楽なのですが、あまり厳しく設定すると、ノイズのような値動きにも反応して決済されるのがデメリットですね・・・

かなり余裕をもった逆指値設定をするか、自分で損切り実行するか、ですね。

なんだかんだ損切り大切(しんどいけど)

やっぱり、ある程度自動化したほうが損切りはやりやすいので、逆指値設定することはおすすめです。

結果論になりますが、ミダックに関しては、徹底損切りの後、値下がりトレンドが見え、現在株価(8月6日終値)は4,475円まで下がったので結果的には良かったのかもしれません。

私のイメージ的には、損切りそのものは、ほとんどがムダに終わるけど、10回に1回くらいは自分の資産を守ってくれるものがある、といった感じがします。

惜しくも損切りになった銘柄は、「今はタイミングが悪かった、今回はご縁がなかった」と思うようにしています。

損切りは厳しく行い、含み益は大切に育てていく感覚が大切と思います。

まとめ

少し最近は売買が多めでした。資金が遊んでいたこともあり、かつ成長銘柄を増やしたいとの思いから欲張った売買をしてしましましたね。

損切りを徹底していたところは良かったですが、再びエントリーするタイミングは悪かったように思います。

損切りになってしまった銘柄は、「今はタイミングが良くなかった、また次の機会に」と思って次の銘柄を探した方が良さそうです。

銘柄に惚れてしまってはいけませんね。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました