【書評】(漫画)「バビロン大富豪の教え」の感想

書評

漫画版のバビロン大富豪の教えを読みました。

有名な「バビロン大富豪の教え」の漫画版ですが、要点がまとまっており読みやすかったです。とはいえ、読むのに1、2時間はかかりましたので決して内容が薄いわけではありませんでした。

こういう有名なビジネス本?の漫画版はいろいろなものが出版されていますね。漫画版は内容が薄いのでは?読むだけ無駄なのでは?と思われる方もいるかと思います。

私も以前はそのように考えていたのですが、少し前にエッセンシャル思考の漫画版を読んでから考えが変わりました。

漫画版などの要約しているものは、読みやすく、すっと頭に入ってくる感じがします。効率的ですね。

エッセンシャル思考の書評はこちらから。

読むのが時間のかかる原本を読んでもいいのですが、難しく、内容も盛りだくさんのため、結局消化不良になってしまった、という経験をした方も多いのではないでしょうか。

本を解読することが目的になってはダメで、本の要点を理解し日常生活に活かすことが目的ですので、その点では漫画版のような要約版のほうが役立つかと思います。

漫画版を読んで、もっと内容を深く知りたい方は原本を改めて読むことをお勧めします。

少し話が逸れましたので、本題に戻ります。

原作は100年以上前から出版されているようです。

内容は、お金持ちになるための心得のようなものです。特に驚くようなものはありませんが、改めて重要だなと気づきがあります。

本書は、古代都市バビロニアの大富豪から教えられた、大富豪になるための心得を、貧乏だが志のある少年がその教えを実践し、大富豪になっていく、というストーリーです。途中波乱万丈あります。

ストーリーなので内容がより理解しやすい構成になっています。

<黄金に愛される七つ道具>とそれをステップアップした、<「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則>をバビロン大富豪の教えとして物語が展開されます。

<黄金に愛される七つ道具>=貯める心得

<「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則>=増やす(運用する)心得

というようなイメージでしょうか。

それぞれの私の思うポイントは、

<黄金に愛される七つ道具>

「収入の十分の一を貯金せよ」

まずは、これがないと始まりませんね。固定費を削ったり、支出の最適化を行えば、多くの人にとって収入の10%の貯金はそんなに難しいことではないと思います。給与天引きも良いアイデアと思います。

(私が資産1000万円を貯めた方法については下記記事にまとめています。ご参考にいただければ幸いです。)

<「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則>

「自分が理解していない商いに投資してしまう持ち主からは黄金(お金)は離れていくだろう」

投資を勉強したことがある方ならどこかで聞いたことがあるようなフレーズと思います。太古の昔から言われ続けていたのですから、やはり投資の神髄と言えるのではないでしょうか。

コラムの「バビロン大富豪の教え」を現代に応用する、も参考になるポイントが盛りだくさんです。

特に「賢明な投資先」として紹介されているのが、外国株式インデックスファンドでした。これは私も同意するところで、今の日本でしたら、つみたてNISAで外国株式インデックスファンドを年間40万円分積み立てるのが最適解ではないでしょうか。これを実践することで、「収入の十分のー貯金」と、それの「賢明な投資先」の両方を完成させることができますね。

本書はオリエンタルラジオの中田敦彦さんもYouTubeチャンネルで紹介されていました。

パート3まであるようです。中田さんも言われてますが、漫画版だからと侮ってはいけません。

【バビロン大富豪の教え①】

まとめ

本書は漫画版ですが、「お金」と「人生」について十分考えさせてくれる内容でした。お金の持つパワーについて改めて思い知らされます。このパワーをうまく使いこなせるかどうかが人生豊かにするためのポイントですね。

「お金持ちとはお金の増やし方を知っている人」

本書の内容を自分が理解するのはもちろんですが、大切な人にも勧めやすい本です。(漫画版ですので分かりやすいです。ポイントもしっかり理解できます。)

まずは、中田さんの動画を見てから本を読むかどうか検討いただければと思います。(動画でかなりの部分を理解できそうですが・・・笑)

ストーリー自体が面白いのでそれだけでも読む価値はあります。

アマゾンプライム会員なら無料で読めます。(2020年8月現在)

お試し版もダウンロードできますので、そちらもお試しください。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました