SPDR S&P500 ETF【1557】の2021年12月末の成績

資産運用
スポンサーリンク

新年になりましたが、毎月の恒例としてます、S&P500の日本版ETFである1557の成績について確認したいと思います。

今回の記事では、2021年のトータルでどれほどのリターンであったか確認したいと思います。

それでは早速見て行きましょう。

スポンサーリンク

1557の3月間の損益推移

まずは、直近3ヶ月間の月末時点の損益推移について確認します。

10月末11月末12月末増減(対先月末)
評価額合計6,176,1006,214,8006,645,320+430,520
損益+2,596,104+2,582,880+2,960,628+377,748
口数119120121+1
1557価格51,90051,79054,920+3,130
3か月間の損益推移
1557の損益(2021年12月末時点)

12月で1株追加したので、合計121口となっています。着実に、毎月少しずつですが増えていますね。

標準価格は、54,920円で先月比3,130円の増加となりました。ここ1ヶ月間でS&P500もまた新高値付近に回復したこともあり、1557も高値を更新しているような状況です。

含み益もプラス300万円に近づいてきました。含み益率も80%まできました。どこまで伸びるのでしょうか。

買い時を探ると難しい1557ですが、ある程度定期的にコツコツと買うようにすべきかなと思います。

1557専用口座の1年間の残高推移

続いて、1557専用口座(カブドットコム)の、1年間の残高推移は以下のようになります。

1557専用口座の残高推移(1年間)

いつの間にか、670万円にまで達していました。数ヶ月前は、「2021年以内に600万円にするために入金頑張ります」と言っていたのに不思議ですね。

2021年の入金は合計40万円でした。

口座全体で433万円から670万円に増えたので、入金40万円を除くと、1557の運用で197万円増えたことになります。

2021年は合計9口の買付でした。2020年はコロナショックで結構買ったので、それと比べるとかなり減りました。(標準価格が急上昇したので買付チャンスが少なかった1年でした)

1557の1年間の配当金

1557の配当金は、年に4回あります。2021年受け取った配当金は、以下の4回でした。(全て税引き後です)

2021年3月13,190円
2021年6月11,297円
2021年9月12,292円
2021年12月13,670円
1557の受取配当金(2021年)

口数の変化もありますが、配当金の増減も大きいですね。その時の為替の影響も受けるので、ある程度の変動は仕方ないものと考えています。

大体、目安として1口あたり100円ちょっとの配当金が入ってくるイメージです。

まとめ

1557の月末時点の損益について定点観測しました。

12月はS&P500の価格上昇もあり、1557も標準価格の大きな上昇が見られました。

2021年でトータルで見た場合も、1557で大きな利益を生み出していました。1年間50%近くの上昇が見られました。

2021年の1557からの配当金は、およそ5万円といった感じでした。

今年も、少しずつチャンスがあれば1557をコツコツと買い増ししたいと思います。

目指せ、1000万円!

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました