【2022年四季報夏号】(個人的)ピックアップ銘柄24選

資産運用
スポンサーリンク

2022年の四季報夏号が発売されてから1週間が経過しました。

四季報夏号は、多くの企業が通期の決算を発表する5月のデータを盛り込んでいるので、年4回発行される四季報のなかで、”最も重要”と言われます。

毎号四季報を買うことができない、という方も、夏号だけは買ってみることをオススメします。

さて、私は、毎号四季報のチェックをしており、今回も、私、個人的な注目銘柄を24銘柄、紹介したいと思います。

選定基準について

ピックアップ方法は、「はっしゃん方式」をベースにアレンジしたものです。

おおよそ、次のような選定基準を満たすものをピックアップしました。

  1. (月足チャートで)株価が右肩上がり
  2. 売り上げが毎年伸びている
  3. 直近の営業利益率がおおむね10%以上
  4. 直近5年間に赤字を出していない(純利益にマイナスがない)
  5. PERが50倍以下
  6. 個人的な好き嫌い

1~5の順番で銘柄の見極めを行っています。

スポンサーリンク

2022年夏号のピックアップ銘柄24選

コード銘柄名予想PER特色
1414ショーボンドHLD25.7インフラ補修工事の専業
2475エスプール42.3コールセンター棟への派遣と障碍者雇用支援
2737トーメンデバイス7.6サムスン電子製品に特化した半導体商社
2986LAホールディングス5.2分譲・商業施設など新築不動産や再生不動産開発
3774インターネットイニシアティブ24.4法人向けシステム構築、クラウド、セキュリティに強い
4251恵和12.2液晶ディスプレー用高性能フィルムを開発・製造
4746東計電算15.9独立系情報処理会社
4966上村工業11.0めっき用化学品首位
4980デクセリアルズ12.5ニッチな電子部材・材料に強い
5384フジミ14.2ウエハ用研磨剤大手
6061ユニバーサル園芸社11.4オフィスなどへの観葉植物レンタル大手。
6254野村マイクロ・サイエンス11.1超純水装置の大手
6264マルマエ16.0液晶、半導体、太陽電池製造装置の精密部品加工業
6361荏原11.0ポンプの総合メーカー
6490日本ピラー工業8.2半導体製造装置向け継ぎ手が利益柱
6723ルネサスエレクトロニクス9.2日立、三菱電機、NECの半導体が統合
6758ソニーグループ17.2イメージセンサ、ゲーム、音楽・映画分野に重点
6866HIOKI17.2各種テスターなど電気測定器の中堅メーカ
6890フェローテックHLD7.8真空シール世界シェア6割
6967新光電気工業9.4半導体パッケージ大手、主顧客はインテル
7228デイトナ5.12輪車部品・用品の企画、卸売りを手がける
7816スノーピーク30.8キャンプ用品、アパレル製造販売
7839SHOEI24.1高級ヘルメット製造世界首位級
9766コナミHLD20.8家庭・携帯用ゲーム主力

太字の銘柄は、前号の四季報ピックアップ銘柄にも登場した銘柄です。24銘柄中14銘柄が前回と同じ銘柄が登場していました。

まとめ

2022年、四季報夏号から、個人的な注目銘柄を24銘柄紹介しました。

選定方法は、毎回「はっしゃん方式」をベースにしています。

今号の注目銘柄も、半導体関係が目立ちました。まだまだ半導体不足が続いている世の中ですので、需要は旺盛のようです。

半導体業界は、景気動向の影響が大きいことも加味されて、全体的にはPERは低めになっていますね。

PERが低いから割安、と考えるのではなく、「何かしらのリスクを織り込んだ結果、PERが低く抑えられている」と、冷静にとらえる必要があると思います。

とはいえ、今年は、世界的に株安が進んでいるので、成長株を割安に仕込むには良いチャンスと思います。

今回の選定作業においても、割安に感じる銘柄が多いと感じました。

全体が下がっているときに、買い進むことは勇気が要りますが、皆が弱気になっているときはチャンスであることが多いです。

今のうちに、キラリと光る銘柄に投資しておきたいと思います。

以上

四季報を使った銘柄選びの参考になる本の記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました