【不定期更新】セゾン投信の損益ー2021年7月末ー

資産運用

夏も本格的な気温が続きます。

皆様体調はいかがでしょうか。

私は、仕事の忙しさと暑さでバテバテです。辛うじて生きているような、そんな感じです(ウソです)。

さて、7月の相場はいかがだったでしょうか?

【7月の相場推移】

日系平均:28,812円(7/1)→27,283円(7/30)

マザーズ:1200(7/1)→1085(7/30)

ダウ:34,502ドル(7/1)→34,935ドル(7/30)

S&P500:4,297(7/1)→4,395(7/30)

日本株は下落の7月でした。特に小型株は大きく落ちているようですね。しんどい相場でした。じりじりと夏の暑さに削られるように、株価も下落していますね。

今日の記事はセゾン投信の損益を確認します。

不定期更新です。気が向いたら(ブログのネタに困ったら)書く記事ですね。

セゾン投信口座の1年の推移

まずはセゾン投信口座の一年間の口座残高推移です。定期積立ですので基本右肩上がりですが、ここ一年間の相場にも助けられてキレイに右肩上がりのグラフになっています。

セゾン投信口座の1年間の残高推移(2021年7月末時点)

ホントに順調です。

定期積立のメリットは、相場が上がっても下がっても精神的に冷静でいられることで長く相場と付き合っていけるところと思っています。

株価が上がっても嬉しいですし、下がっても安く買えるから嬉しい?ですね。

相場とはほどほどの距離感で付き合っていくのが良いリターンを生み出せるのかもしれないですね。

■ セゾン投信の損益

セゾン投信の2つの投信、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとセゾン資産形成の達人ファンドの損益を確認します。

セゾン投信の各ファンドの損益(2021年7月末)

バランスファンドで累計+30%以上、達人ファンドで累計+23%以上の成績となっています。

個人的には満足のいくリターンと思っています。ほどほどのリスクで、それなりのリターンといったイメージでしょうか。

■ 保有している各ファンドのバランス

私は、バランスファンドと達人ファンドを1:1のバランスを目指して積立投資しています。(現在、バランスファンド:5000円/月、達人ファンド:25000円/月の積立)

現時点での各ファンドの保有バランスはこのような感じです。

順調に達人ファンドの勢力が伸ばしてきています。

おそらく2年以内にはバランスファンドと達人ファンドが1:1に均衡してくれると思います。長い目で育てたいと思っています。

■ 各ファンドの標準価格の推移

各ファンドの1年間の標準価格の推移はこのような感じです。

【セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド】

【セゾン資産形成の達人ファンド】

それぞれ右肩上がりで順調な価格推移ですが、それぞれ特徴が出ていますね。

ちなみに、それぞれのシャープレシオは、バランスファンドが3.1、達人ファンドが3.67です。(参考までに楽天VTIは3.53、楽天VTは3.34でした)

■ まとめ

セゾン投信の損益について確認しました。

ぞれぞれ順調に標準価格を伸ばしたこともあり、通算でセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは+30%、セゾン資産形成の達人ファンドは+23%となっておりました。

個人的には、達人ファンドは好きなファンドですので、もう少し保有額を伸ばしていければと思っています。シャープレシオの高さは見逃せませんね。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました