楽天ポイント投資の一年の振り返り

資産運用
スポンサーリンク

私は楽天ポイントで月に一回、1000ポイント分の投資信託を買っています。

買っている投資信託は「楽天VTI」です。

毎月獲得しているポイントの一部を使って投資信託を購入しています。

全額(とはいっても1000円分ですが・・・)をポイントを使って投資していますので、実質的にコストはゼロと考えられるのでとても気軽な投資です。

私は月初に購入するように設定しています。

理由はSPU(スーパーポイントアッププログラム)のポイント倍率アップの条件(楽天ポイントを使って500円分以上の投資信託の購入)を達成するためです。

月初に設定することで、その月の楽天市場での買い物時のポイント倍率がアップします。

そんな気軽でお得な楽天ポイント投資を開始して2年くらい経っていますが、今年の振り返りとして、2020年12月末現在の成績を確認したいと思います。

楽天ポイントで買付している楽天VTIの成績

コツコツと毎月1000ポイントを投資してきましたが、累計の買付額が31,000円分で、評価額が37,760円でした。

リターンは+6,760円で+21.8%でした。

完全放置で実質のコストがゼロでこのリターンであれば十分すぎるのではないでしょうか。

参考程度に今年の買付履歴です。

今年の買付履歴

たまにスポット購入をしています。相場が調整しているタイミングでかつポイントが余っているときにスポット投資しています。

少し前までは、余った楽天ポイントはタイミングを見計らって全額投資信託の購入に充てていましたが、最近はポイント投資用に最低限1000ポイントくらい残して、余った楽天ポイントは投資信託ではなく楽天市場で読みたい本などを買うようにしています。

楽天ポイントを投資信託に”投資”よりも、ある程度は、本を買うなどして自分のために”投資”することに回しています。(どれだけのリターンがあるかは分かりませんが・・・)

あまり楽天ポイントの効率だけを追い求めて投資信託ばかりを買うことに一生懸命になるのでなく、少し遊びを持たせて自分のためにポイントを使うように意識を変えています(本以外にも欲しいものがあればそちらにも使うことにしています)。

何事も少しの遊びを持たせることが長く続けるポイントですね。

まとめ

毎月1000ポイントを楽天ポイント投資に使っています。累計のリターンは+20%を超えており、ほぼほったらかし投資としては十分なリターンと思います。

溜まった楽天ポイントは全て投資信託の購入に充てるのではなく、少し遊びを持たせて自分のために使うもの必要と考えています。

それが長続きさせるためのコツかと思いました。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました