【ETF1557】損益定期公開(2020年8月)

資産運用

あと1営業日ありますが、8月も終わりますので、私の保有しているETF1557の損益の定期公開したいと思います。

さて、8月は株式市場は全体的に好調でしたね。1557が連動するS&P500も最高値更新しており、1557の株価も昇り調子です。為替の関係で1557自体はまだコロナショック前の水準には戻っていないようです。

先日、金曜日には安倍首相が辞職の意向を表明されました。アメリカのトランプ大統領も大統領選を控えており、今後両国のトップが誰になるかで株価がどのように動くか目が離せないですね。

話を戻します。

8月は新規の買付はしませんでした。8月は株価が大きな調整することなく堅調に進んだため買うタイミングがありませんでした。

基本的に私の1557の売買方針は「下がったタイミングで少額ずつ買い付ける」です。

売ることは基本的に考えておらず、何かのタイミングで株価が調整したタイミングでのみ買います。非常にシンプルな売買方針にしています。この方針の方が考えることが少なくて楽ですね。そのため8月は売買がありませんでした。

基本的に右肩上がりであるS&P500であるからこそできる売買方法です。

8月末時点での1557の保有口数と評価額、損益です。

2020年8月末の1557損益

新規購入はありませんでしたが、ついに400万円を超えていました。嬉しいですね。

だいたい嬉しいと感じたところが相場の天井だったりしますが・・・

要注意したいです。(それでも売ることは考えていないです)

先月末(7月)との比較します。

6月末7月末8月末増減(対先月末)
評価額合計3,504,2503,655,8004,023,000+367,200
損益合計+413,020+530,604+897,804+367,200
口数1071081080
1557価格32,75033,85037,250+3400

先月末比で大きく増えましたね。プラス10%くらい増えているようですね。

売って利確したくなりますが、ガマンですね。そろそろ配当金が入ってくる頃ですのでそれを楽しみにホールドしつづけます。

1557は年4回配当実施していますので、保有口数が増加するに連れその配当金が少しずつ増えていくのが楽しく感じます。この配当金が増える楽しみがあるので、口数を少しずつ増やしていくためのモチベーションになります。

次に一年間の口座残高推移です。

一年間の残高推移

コロナショックからキレイにリバウンドしましたね。コロナショックで資金投入した効果が表れています。

今は株価が好調で比較的割高な水準になっていると思いますので、しばらくは現金を温存しつつ買い場を見つけて少しずつ買付したいと思います。

まとめ

8月末時点での1557の損益を公開しました。

8月は株価好調で、先月末比で残高が10%ほど増えました。買付タイミングがありませんでしたので口数も増えませんでした。「休むも相場」といったところでしょうか。

今は、売り時なのかもしれませんが、上昇相場についていくために売らずにホールドします。その分、新規買付は控えめにします。現金を貯めて買い時を探ります。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました