【ETF1557】損益定期公開(2020年7月)

資産運用

もう8月になりましたね。あっという間に感じます。年を取ったからでしょうか。

もうすぐお盆休みですが、またコロナ感染者が増えてきているので、また自粛要請で移動ができなくなるのでしょうか・・・

GWも何もできなかったので、お盆休みくらいはどこか行きたいとは思いますね。

帰省する予定ですが、どうなるかわからなくなってきました。

個人的には、コロナ対策は必要最低限のみにして、5月のような自粛はもうすべきではないと思います。経済的なダメージは深刻です。

さて、話が逸れましたが、7月の1557の損益を計算しました。

まず最初に、6月末と7月末での成績を比較表でまとめてみました。

6月末7月末増減
評価額合計3,504,2503,655,800+151,550
損益合計413,020+530,604+117,584
口数107108+1
1557価格32,75033,850+1,100
6月末と7月末の主要項目比較表

7月も順調に増えていることがわかります。

以下、各項目を詳細に見ていきます。

まずは、7月末の1557の損益成績です。

6月末と比較します。

標準価格は37250円から33850円に上昇しています。

評価損益が+413020円から+530604円に上昇しました。順調ですね。評価益が順調に成長していると嬉しいですね。

率で見ると+17%でした。一時は20%を超えていましたが、月末に調整があったため下落しています。

インデックスファンドでこれだけの数字を残せるのは、やはりS&P500の強さだと思います。今後はどうなるかわかりませんが、数ある指数の中ではS&P500が期待値は一番高いのではないでしょうか。

7月は一口買い、107口→108口になりました。年末までに110~115口くらいを目標に買い増したいと考えています。

次は、7月の取引履歴です。

月末の27日に33950円で一口購入しています。105円まで円高が進行したときに買いました。月末のの標準価格より少しだけ高い価格で買っているようですね。

長期的に見たら誤差の範囲と思いますが、退屈しのぎとして(直近の価格と比べ)自分が安いと判断したときに買い注文を入れています。

だいたい急落したときに一口ずつ買っているイメージです。

今回は、直近一年の1557専用口座のカブドットコム証券の評価額推移を掲載します。

コロナショックの下落がありましたが、そこで入金と購入を多めにしています。

コロナショックでどれだけ買い増ししたかは、下記参照ください。

この一年で、口座残高が240万円から370万円に増加しています。1557の評価額の増加と買い増しによる成果です。

右肩上がりのグラフを見るのは気持ちがいいですね。

2019年7月末~2020年7月末で、1557の価格は32700円から、33850円になり、口数は72口から108口に36口増加しました。コロナショックもあり、買った口数は多いです。

一応、目標としては、年に20口くらいの購入を目指しています。

まとめ

7月もなんだかんだで標準価格は上昇していました。7月は一口のみの買い増しでした。7月末に、円高とS&P500が調整したことで1557の価格も少し下落基調に転じました。

今のところコロナショックでの下落のとき買い増しした効果で、口座全体の評価額は上昇していますが1557の価格はまだ戻りきっていないです。

年末に向けてまた少しずつ買い増していく予定です。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました