相場日記(2021年8月17日)

資産運用

マザーズ指数が1000ポイント付近まで落ち込みましたね。

どこで反発するかはわかりませんが、しばらくは厳しい相場となることを覚悟しないといけない雰囲気がします。

私の持ち株では、先週よく上昇した銘柄の反発が激しいですね。

特に、KeePer技研、野村マイクロサイエンスが厳しい下落でした。

野村マイクロサイエンスに至っては、決算後にストップ高まで上昇した分がほとんどかき消されるような激しい下落でした。

それでも含み益は残っているので、見守る方針です。

(ただ、決算後の上髭が出ているのは気になる点です。)

損切りは大切ですが、利益の乗っている銘柄については、含み損にならない限りはじっくりと長期保有したいと考えています。

損切りを除いて、頻繁な売買は利益を損ないます。

先日、オイシックス・ラ・大地を損切りしましたが(買値からマイナス5%未満の下落でしたが厳しく損切りを実施しました)、昨日も大きく下落したので、結果的には良かったのかもしれません。

上髭も大きかったので、損切りの決断は悪くなかったと思いますが、それは今後の株価の動きが正解を教えてくれます。

オイシックスの損切りを実施したので、一応保有銘柄の全ては含み益が乗っている状態となっています。

まだまだ今後も相場全体の下落が続くようでしたら、何か目をつけていた銘柄をスポット購入するかもしれませんが、下落時にどう動くかは本当に難しいですね。

落ちるナイフを掴むなと言われますが、飛びつきたくなってしまわないように。

上手くいく買いは、「タイミングが遅かったかな」というくらいが丁度いいように思います。

焦らないようにしたいですね。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました