今週の売買記録【2021年7月5日~9日】

資産運用
スポンサーリンク

思い出したような売買記録です。笑

今週末は日本株、米国株少し大きい調整?がありましたね。

結果的には大したことはありませんでしたね。

ここ一年くらいはコロナショックからのリバウンドを含めて一方的に右肩上がりの相場が続いていますので、なかなか買い場は訪れませんでしたが、今週のちょっとした調整局面で久しぶりの買い増し(少額)ができました。本当に少しですが。

その記録を残すための簡単な記事です。

米国株を買い増し

買い増しは以下です。

・VYM(米国高配当):3株(買値 103.28ドル)

・1557(S&P500):1株(買値 47,300円)

合計で8万円分くらいの買い増しです。

そんなに良いタイミングではないですが、ボーナスを少し割り振ったような感じですね。

先日、VYMは一株だけ購入しており、それに引き続きの購入となりました。NISA口座での購入です。

残りのNISA枠も13万円くらいになってきました。もう少しです。

1557はかなり久しぶりの購入でした。

前回が3月に購入しています。その時の購入価格は42,550円でした。今より5,000円ほど安い水準だったんですね。

一括投資で早めに買うのが合理的ではあるのですが、なかなか難しいですね。

一括投資の怖さはありますね。

自分のリスク許容度を考慮して無理のない投資を続けることの方が大切と思います。

私には、臆病にコツコツと買っていくスタイルが合っているように思います。

■ 日本株は売買なし

日本株は売買しませんでした。

7月9日の相場は、取引開始直後は一気に下がりましたが、その後は徐々に戻す局面でしたね。

私の日本株も、取引終了時にはマイナスもかなり取り返していました。(マイナスはマイナスでしたが…笑)

アップダウンが激しく、銘柄によっても大きく明暗が分かれるような日でしたね。

私のチェックしている銘柄も上昇、下落がくっきり分かれていました。

監視銘柄の騰落(2021年7月9日)1
監視銘柄の騰落(2021年7月9日)2

日本の成長株は面白いですが、ボラティリティを見ていると難易度は高そうだなと思ってしまいますね。

(その分、米国株は大型株でも業績成長し、株価もよく上昇するから分かりやすいですね)

まとめ

今週の売買記録を残しました。

少しの下落局面で、少しの買い増しをしました。米国株のETFを買っています。

まだまだ、大きく買い増しができる局面ではないと思います。

相場は楽観的な状態ですし、リスクの取りすぎには十分注意したいと思います。

私はコツコツと地味に相場と付き合います。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました